So-net無料ブログ作成
検索選択

アベノミクスで恩恵を受けたのは…"富裕層"と"超富裕層" [経済]

面白い結果が出てきた。

http://news.mynavi.jp/news/2014/11/18/308/

野村総合研究所は18日、2013年の純金融資産保有額別世帯数と資産規模の推計結果を発表した。それによると、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の「富裕層」および同5億円以上の「超富裕層」の世帯数は計100.7万世帯となり、2000年以降のピークである2007年を10.4万世帯上回った。

001.jpg

保有金額別 
アッパーマス層とかあまり耳慣れない言葉が出てきますが
ようは 日本全体のお金のうち 6割がお金持ちによって保有されていることが分かった。
マス層というのが一般市民なのだろうか・・・?? マス層の中でも格差が必ずあるに違いない。

保有金額.JPG

世帯数別
やはりマス層は8割程度

全世帯数が5200万なのかは不明だが、マス層は8割。

資産が3000万以上ある人の割合というのは、全体の2割ということになる。

setaibetu.JPG

世帯別の保有資金の平均を出してみた。

一番少ないマス層でも平均1200万と出ている。

heikin.JPG

一番多い超富裕層の平均資産は13億以上。

やっぱりすごいねーー どんな生活してるのか皆目見当つかないですが

日本国民 1億2000万もいるのに

そのうち5万世帯が超リッチというのは結構割合多いのではと思いました。

だって5.4万世帯÷47都道府県=1148世帯 もいるんですよーーー 超リッチ族が。



●結果分かったことは

-超格差が広がっているということ

-マス層がやはり人口の8割を占めているということ(これはパレードの法則か)

マス層の中の割合を見てみたい。。。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。